Home STOK CAR & PARTS  News Downloads Links Contact Map


メインメニューメインメニュー
ピックアップ画像ピックアップ画像
レーシングミラー  入荷
webアクセサリーwebアクセサリー
mobile sitemobile site

newspeed mobile
http://newspeed.co.jp
にアクセスでもOK

    修理・車検・レッカーサービスも承ります。お電話下さい。(044)-833-9443

 
コンテンツ一覧コンテンツ一覧
トップ (メニュー)  >  Lotus Europa  >  ツインカム

ツインカム


タイプナンバー74、1971年にツインカムという名称を授けられて登場したからには、エンジンに大きな変更があったことを意味する。同社のスポーツカーであるエランから移植されたツインカムユニットは、フォード製のエンジンにロータス製DOHCヘッドを組み合わせたものだった。同時に排気量もシリーズ1&2より大きくなり、約200cc増しの1.6リッター、105馬力にまで最高出力を高めることとなる。


ボディ関連に大きな変更はないが、スタイリングには手直しが入れられた。それまでのヨーロッパは、後方視界がすこぶる悪く、真後ろだけであればまだどうにかなったものの、斜め後方は空力を改善するエンジンフード横のバーティカルフィンがそびえ立つおかげで、ドライバーの後方視界は劣悪なものになっていた。アメリカの安全基準に対処するようにして、バーティカルフィンを低くデザインを手直しし、リアの造形は一段とスリムになった。


燃料タンクはツインタンクとなり、32リッターから57リッターに増加しているが、これはツインカムエンジンを積んだことなどへの巡航能力の低下を阻止するための処置である。これらの変更により、シリーズ2から更に約50kgを上乗せした711kgに達した。しかし、重量増は動力性能の向上によって相殺されている。


Wikipedia

RSSRSS
新着画像新着画像
人気画像人気画像

Copyright ・2001-2006NEW SPEED ENGINEERING. Theme design by Montisarts Webdesign © 2003招きねこ☆相互リンク