Home STOK CAR & PARTS  News Downloads Links Contact Map


メインメニューメインメニュー
ピックアップ画像ピックアップ画像
EUROPA TC SPウオーターポンプベルトKit(Tooth Belt)
webアクセサリーwebアクセサリー
mobile sitemobile site

newspeed mobile
http://newspeed.co.jp
にアクセスでもOK

    修理・車検・レッカーサービスも承ります。お電話下さい。(044)-833-9443

 
トラブル&メンテナンス カテゴリ一トラブル&メンテナンス カテゴリ一
トラブル&メンテナンス
最新エントリ

(1) 2 »

2006/10/07

執筆者: newspeed (2:10 pm)
’88年のLHDまで使っています デフのピニオンギャがやられました 部品は入手しにくくなっています クラッチの不都合も影響あります。
2006/10/03

執筆者: newspeed (7:15 pm)
ESPRIT Eng. この傾き まるでV-8の片バンク すでに想定していたのか 重心を下げるためにねかしたのか・・・・ タイミングベルトはラウンドです’90年モデルです。
2006/10/03

執筆者: newspeed (7:14 pm)
ジウジモデルのTURBOEngです EXマニは交換されています ESPRITはウォーターPUMPだけでも何種類あるのでしょうか・・・
2006/10/03

執筆者: newspeed (7:12 pm)
ESPRIT Essex Turbo Limited Edition のEng.80年に極少数台数しか生産されませんでした この後生産されたTURBOモデルの先駆型ドライサンプは受け継がれませんでした OILPUMPのプーリーが一番下ですテンショナーが無くベルトのサイズを換えます。
2006/10/03

執筆者: newspeed (7:11 pm)
13番のモデルとは異なりますが スクエアタイプのベルトでテンショナーはNewTypeです オイルパンは外れています。
2006/10/03

執筆者: newspeed (7:09 pm)
クラッチマスターシリンダーのペダル取り付けの室内側の写真です注意点は年式によって穴が2つ開いています 下側の穴に取り付けると ペダル位置が下がり重くなります 間違った穴に取り付けロッドの長さで調整している車があります(シリンダーをまっすぐに押さないため液漏れ 早いです)
2006/10/03

執筆者: newspeed (7:08 pm)
ESPRITのRearキャリパーです(インボード、アウトボード共に) ピストンは抜いてあります 整備していて非常に多いのが組み付け時ピストンの上下が間違っています 真ん中の深いスリットのほかにあるもう一本浅いスリットが上側です ピストンを戻す時に回さないと戻りませんが・・・
パッド位自分でと言われる方 確率は1/2ですが パッドの変磨耗になります。
2006/10/03

執筆者: newspeed (7:07 pm)
ENG.右下からの写真です黒いアームの様なマウントブラッケットの左側のENG.取り付けボルト3本(要注意ですゆるみ、脱落あります 最悪はENG.が傾きエアコンベルトがフレームに接触し切れて破片でタイミングベルト破損まであります) ブラケット右側のラバーマウントは部品は同じ様に見えますがペイントマーカーで左右識別(色別?)されています(EX側の熱)  いずれにしても急加速、減速時にゴトッと振動があります。
2006/10/03

執筆者: newspeed (6:31 pm)
冷却水のキャップには種類があります 加圧弁の有るものと ブランキングキャップ(加圧弁の無い) 要注意です ヘッダータンク付きの車はトランクルーム左側の奥にリザーバータンクがあります。
2006/10/03

執筆者: newspeed (6:16 pm)
水冷式のポンプ 下の右側が本来の形です 左側はインペラが磨耗してありません これでは水が循環しません SEマルチポイント車です以前のモデルのディスビ部分に付いています 組み付け時は回転方向に注意 吸入温度が高いと本来の性能が出ないばかりかENG.本体にも悪影響あります モル数の問題です。

(1) 2 »

RSSRSS
新着画像新着画像
人気画像人気画像

Copyright ・2001-2006NEW SPEED ENGINEERING. Theme design by Montisarts Webdesign © 2003招きねこ☆相互リンク